HOME > エディブロ ネットセミナー > メルマガ 2015年6月号

エディブロ ネットセミナー
メルマガ 2015年6月号

※このコラムは2015年6月にエディブロ導入塾に配信されたメルマガからの転載です。
写真
森智勝氏

先月号で、「評判は『あの塾(塾長)は○○だから成績が上がる』の○○が重要」という話をしました。

この○○は塾(塾長)のキャラクターによって違いますので、何が正解かは断言できませんが、例を挙げると次の要素でしょう。

  • 「あの塾は面倒見が良いから成績が上がる」
  • 「あの塾は熱心だから成績が上がる」
  • 「あの塾は分かるまで教えてくれるから成績が上がる」
  • 「あの塾は教え方が上手だから成績が上がる」
  • 「あの塾は個別指導だから成績が上がる」

他にもあるとは思いますが、問題は「面倒見が良い」「熱心だ」「教え方が上手」「個別指導」等の要素を形で表さなければ伝わらないということです。言葉で「うちは面倒見良く教えています」とか「分かるまで教えています」と言っても、反感を買うだけです。面倒見の良さを、ちゃんと形にして表すことです。その場合、近隣他塾から「とても真似ができない」と思わせるくらいのレベルでなければなりません。以前に紹介したかもしれませんが、ある塾は定期テスト当日の午前5時から早朝特訓を実施しています。朝食も塾が用意しています(もちろん、手作りです)。ここまでやれば、「あの塾は面倒見がいい」と認識されます。もちろん、「あの塾は早朝から勉強させられるから嫌だ」という生徒も存在します。しかし、それでいいのだと思います。結果、大幅な成績向上を実現していれば、そうした塾を求める「客」は必ずいます。

「教え方が上手」という評判を作りたければ、教え方にトコトンこだわると共に、指導法の研鑽に時間を割かなければなりません。中小・個人塾の経営者の中には、「指導技術ならば、大手塾の2年目、3年目の若手に負けない」という自信を持っていらっしゃる方が少なからずいます。しかし、大手塾は計画的な研修があり、先輩教師からの厳しい指導があります。誰もいない教室で、模擬授業を必死になって繰り返しています。対象中学の定期試験過去問10年分を分析し、最も分かりやすい解説を研究しています。本当に「教え方が上手」を謳うのであれば、大手塾を上回る訓練を自らに課さなければなりません。授業は、訓練の成果をお披露目する場です。そうした努力は必ず生徒に伝わり、保護者に伝わり、地域に伝わります。

先日、クライアントである某個別指導塾を訪問した時のことです。1週間後に迫った三者面談について相談していました。ある中学3年生の面談内容が「真っ白」になっています。理由を尋ねると、「その生徒はまだ、志望校が決定していないものですから…」と塾長が言います。確かに今の時期、まだ志望校を決めていない受験生は多いでしょう。しかし、だからと言って、生徒が志望校を決定するまで進路相談ができないというのではお粗末です。生徒の現在の成績(予想内申点・偏差値)を基に、「今のままならターゲットになる高校は○○と△△、内申点が2つ上がったら□□と●●…と、塾からデータを示し、「今から夏期講習を頑張れば、君の力なら内申点を2つ上げることは可能だと思う。□□高校を目指して頑張ってみないか?」…こんな面談をしなければなりません。生徒一人ひとりに進路チャートを作成して提示する。それでこそ個別指導です。

ただ単に、「講師1人に生徒2人までの指導」というだけでは、これだけ個別指導が氾濫している時代、差別化にはなりません。「ここまで自分(我が子)のことを考えてくれている」と感動させてはじめて、「個別指導塾に通ってよかった」と思ってもらうことが出来るのです。進路指導も「個別」に考える…それが個別指導塾です。

以上、ここに挙げたのはあくまでも「例」ですが、評判を作るためには徹底が必要です。「まあ、このくらいでいいか」という妥協から評判は作れません。「そこまでやるか!」という一点集中が必要です。他分野は他塾並みに、ココだけは他塾が真似ができないレベルまで…。「ココってどこですか?」という声が聞こえて来そうですが、それは「あなた」の得意分野の中に求めて下さい。「これならば他塾が真似のできないレベルまで徹底できる」と思える分野を探してください。

昔の話ですが、某塾は毎月発行するニュースレターが30ページ以上でした。生徒・保護者からは「先生、寝る時間あるの?」と心配されていました。これも立派な「評判作り」です。

 
© 2015 全国学習塾援護会