HOME > エディブロ ネットセミナー > 中小塾のための「集客の極意」23-評判を作る[7]-評判は塾が意識して作り出すもの-

エディブロ ネットセミナー
中小塾のための「集客の極意」23-評判を作る[7]-評判は塾が意識して作り出すもの-

※このコラムは2015年5月にエディブロ導入塾に配信されたメルマガからの転載です。
写真
森智勝氏

先月号で「口コミ」と「評判」は別物であり、口コミとは「何でもいいので塾のことを話題にしてもらうこと」であり、評判とは文字通り「塾に対する評価を広めてもらうこと」だとお話しました。そして、評判を拡げる前提として口コミが拡がっていることが必要だとも…。

今回はいよいよ評判編です。

前提として、塾の使命を考えてみたいと思います。以前、某塾経営者から次のような質問を受けたことがあります。「成績は上がらないけれど楽しい塾と、成績は上がるがつまらない塾のどちらがいいでしょうか」

もちろん成績が上がって楽しい塾がいいに決まっていますが、究極の選択としては後者です。塾の第一義的使命は、成績向上と志望校合格にあるのは明らかです。楽しさを求めるのであれば、塾ではなくディズニーランドに通います。

そうであれば、望ましい評判は「あの塾は成績が上がるよ」「志望校に合格させてもらえるよ」であることが分かります。ところが…

そうした評判は広がりにくいのです。

例えば我が子がA塾に通って成績が上がったとします。その保護者が知り合いに「A塾は成績が上がるよ」とは言いにくいのです。なぜなら、責任が持てないから。確かに我が子は成績が上がったかもしれません。しかし、「A塾は成績が上がるよ」と勧めて、その子の成績がもし、上がらなかったら…責任を感じてしまいます。とても怖くて、安易に「成績が上がるよ」とは言えません。同じ理由で「A塾に通えば志望校に合格するよ」とも言いにくいのです。(また中小・個人塾の場合、その母集団の小ささから「合格実績」ではどうしても大手塾には敵わないのが実情でしょう)

ところが、「A塾の先生は熱心だよ」「A塾の先生は元気だよ」「A塾は面倒見がいいよ」…これは言いやすい。責任がありませんので。つまり、「A塾は○○だから成績が上がる」の○○に当たる部分を明確にし、それを拡げる工夫をすることです。いわゆる「塾の特長」とか「差別化」を考える場合は、この○○の部分に注目することです。そして、それをトコトン追求することです。

私が塾経営者に「あなたの塾の特長は何ですか」と質問すると、ほとんどの方が「ウ~ン」と考え込みます。そして8割の方が「そうですね。まあ、面倒見が良いことですかね」と答えます。

さて、8割の塾が主張する「面倒見の良さ」が本当に特長と言えるでしょうか。そもそも、その面倒見の良さは地域に認知されている、いわゆる評判になっているのでしょうか。それが心許ない塾が多いのです。「面倒見の良さ」を主張するに値する具体的実践をしているか、それが問われています。塾側が一方的に主張しているだけでは特長にならず、評判を拡げることもできません。

あなたは自塾について、どんな評判を作りたいのでしょう。まずはそれを確立し、全てのエネルギーをそこに注ぎ込むことです。コレだけは地域の他塾、大手塾にも負けないくらいに突出させることが必要なのです。

 
© 2015 全国学習塾援護会