モリモリ元気レポート[7] -つむぎクラブ掲載文より

写真
森智勝氏

いよいよ「つむぎセミナー」が1週間後に迫ってきました。

聞くところによると、遠く東北から九州から来られる方もいらっしゃるとか。けっして無駄な一日だったとは思わせたくない。万全の準備で臨みます。

前回「中小塾の逆襲」と言いました。その兆候は全国各地で起こっています。顕著な例で言うと、近年、極端にチラシ反応率が悪くなっている。その分、口コミ・評判での塾生獲得が広がっています。

チラシの有効性が高いときは、どうしても資本力のある大手塾は有利です。マスメリットが生かされるからです。以前、調べたことがあるのですが、両面カラーのチラシ(B4版)を大手塾は1枚当たり2円以下で作っています。中小塾の約10分の1です。春になると毎週のように大手塾のチラシが入り、その物量作戦に「勝てないな」と思われた方も多いと思います。確かにチラシの反応率が高い時代はそうかもしれませんが、これからはチラシの費用対効果は悪くなる一方です。そこに中小塾の付け入る隙?が生まれるのです。

ところが、残念ながらその点(口コミ・評判を作ること)において、これまでの中小塾はあまり力を入れてきませんでした。いわゆる「いい授業をしていれば評判は作られる」という考え方から抜け出せないでいたのです。もし「いい自動車を作ってさえいれば勝手に車は売れていく」と考えていたら、今のトヨタは存在したでしょうか。

あなたが技術屋を目指しているのでしたら、そうした考え方でも良いでしょう。しかし、経営者の立場にある「あなた」には是非とも考え直していただきたいのです。

私は、本当に良いものは広く伝えることが社会正義だと考えています。あなたの塾が素晴らしい塾ならば、そのことを地域に伝え、一人でも多くの生徒を獲得することが「正義」なのです。マーケティングはそのための手段にすぎません。マーケティングとは「口先・手先のテクニックで楽をして儲けること」ではなく、情報を早く確実に伝えるための技術なのです。

今回のセミナーでは、この「口コミ・評判の作り方」を中心にお話します。また、このメールレポートの中でも順次お伝えします。

ああ、早く京都で「あなた」に会いたい。

 
© 2015 全国学習塾援護会